まるで銀河みたいだね!

キラキラアイドル松島聡くん

松島聡くんの凱旋公演で綺麗な景色を見た話

聡ちゃんがこの日の景色のことを「一生の思い出だし 一生忘れない」って言ったけど、あの緑のペンライトの光で埋め尽くされたエコパアリーナをわたしも一生忘れることはないでしょう。

2018年4月21日

開演前、いつもは各々の担当カラーで5色に光るコンサート会場がその日だけは少し違っていた。アリーナから見上げた下手スタンドは全部身内なんじゃないかってくらいに緑のペンライトで溢れていた。これが凱旋公演かってその時にやっと実感が湧いてきて、ただそれでもその時は、いつもよりちょっと多い緑のペンライトが光ってて、みんなそれぞれの大好きなメンバーの色を灯していたはずだった。それは公演時刻が迫り、会場のボルテージが上がってきた時だった。上手スタンド後方から聞こえてきた「聡ちゃんおかえりー!」の声。そして、「せーの!」の合図で始まったセクシーゾーンコール。それを合図にみんながカチカチとペンライトの色を緑に変え始めて。本当にみんなだった。前に座ってた風磨担の女の子たちだって「私、聡ちゃんにする」って言って紫のペンライトをカチカチって2回鳴らして緑色に変えてくれてた。本当にびっくりした。コンサートが始まる前にあんなに鳥肌が立ったのは生まれて初めてで、会場はただひたすらに聡ちゃんにおかえりを伝えるための緑のペンライトの光でいっぱいだった。

「今ね、みんなペンライトを緑にしてくれて、すごいね、優しいね!本当にそういうの嬉しいの、だからSexyZoneのファンって優しいねって言われることが多いです」

昨年のSTAGEツアーの最後の挨拶の時に緑色に染まる客席に向かって嬉しいよってって言葉にしてくれた聡ちゃん。凱旋公演であるこの静岡で、みんな聡ちゃんに喜んでもらいたいっていう一心で緑にしたんだよ。1部では平常心を保とうとしてたんだろうけど最後に笑顔がこぼれてしまった聡ちゃん、2部では登場した時ににんまりしちゃったって嬉しそうにMCで笑う聡ちゃんがいた。

 

正直な話、昨年の秋くらいに色々あってツイッターとかも開きたくなくってちょうどその時あたりから仕事も忙しいからって理由で前より雑誌もラジオも追いかけることが少なくなった。大好きだったオモイデリュックもどんな気持ちで見たらいいのか分からなくなった。純粋に好きって気持ちだけでアイドルを応援したら駄目なのかとも思ったし、今振り返れば違うグループに分かりやすく逃げてたりしてたかも。でも年末のカウコンで久しぶりに聡ちゃんを見て、ずっとわかっていた事だけどテレビや雑誌よりもステージの上で歌って踊る聡ちゃんは何億倍も魅力的だった。私はステージの上にいる聡ちゃんが好きだから。自分が1番輝ける場所はステージの上だってことを知ってる聡ちゃんが好きだから。やっぱり私はステージでキラキラ輝いている聡ちゃんをこの目で見るためにこれからも現場に足を運ぶと思う。

ソロ曲の「Mermaid」、聡ちゃんがSexyZoneのコンサートで自分の曲を歌うのは2回目で、タイトルが発表されてから雑誌で「マーメイド=ファン」って言ってたけど、それはきっと松島担のことだけじゃなくて。去年のサマパラではマリウス担にも、会場にいる全員にマーメイドになれる魔法をかけてくれた。今回のツアーのMCで「マーメイドってみんなってことだよ」って会場中のファンを指して言ってくれたよね。SexyZoneのファンのみんなを愛してくれる優しい聡ちゃん。時には、健人くんと健人担の相思相愛の関係性が羨ましく思う時もあるけど、それでもひとり残らずまるっとSexyZoneってグループのファンを愛してくれてみんなに手を差し伸べてくれるのが聡ちゃんで、だからこそSexyZoneのファンはみんな聡ちゃんの凱旋公演で緑色にペンライトを灯してくれたんだよね。たぶんみんな聡ちゃんのそういうところが好きだからだと思うよ。

本編最後の「フィルター越しに見た空の青」、札幌初日に始めて見たときに、本当に綺麗で優しくて透き通ってて、青いキラキラに包まれて幸せそうにこの曲を歌う聡ちゃんが胸の奥を鷲掴みにされるくらいに好きだった。以前エントリにも書いたことがあるくらいに青色に包まれる聡ちゃんが私、大好きなんです。もちろん今のメンカラの緑も柔らかくて優しくて大好きだけど。青のキラキラが人間の瞳で反射できる光の量の限界を超えるくらいにキラキラしてて、それでも、その中に居ても、それに負けないくらいにキラキラ輝く聡ちゃんが、目を開けることが出来ないくらいに眩しかった。まさに歌詞の中にある「君が眩しくて 愛しくて 苦しくなりそう」だった。「フィルター越しに見た空の青」ってたぶんひとりひとりによって違う景色が見えるんだと思う。深海みたいにどこまでも深い青色なのか、それとも大気圏みたいな宇宙に繫がるような幻想的な青なのか、それとも透明な水晶みたいに透き通った青なのか。私にとってあの青いキラキラに包まれて幸せそうに4人と一緒にステージ上で歌う聡ちゃんが、あの光景が「フィルター越しに見た空の青」だった。顔が見えなかったからこれは私の勘違いだと思うけど曲が終わった時に聡ちゃんが手の甲を目の下の方に持ってきてたから、涙を拭う仕草をしてるみたいに見えちゃって、泣いてるはずなんてないと思うんだけど一瞬泣いてるみたいに見えてしまった。

 

「みんなを色んなところに連れて行きたいし、色んな景色を見せてあげたい。みんなを一生愛するって決めたから───」

まだ18歳だった聡ちゃんが言った「色んな景色」の中に、この日、静岡で見た景色のことも入ってるのかな、だとしたら嬉しいなぁ。色んな景色を見せてくれてありがとう。私の夢は東京ドームの天井席で沢山の緑のペンライトを背景に「Break out my shell」を歌う聡ちゃんを見ること。もしかしたらその夢はもうすぐそこまで来てるのかもしれないね。

 

 

綺麗な日々を共に歩こうよ

この静岡からまた松島聡くんっていうひとりのアイドルの物語が始まるんだね

いってらっしゃい!また来年この場所で!